ホーム ストーブカントリーについて 薪ストーブラインナップ アクセサリーラインナップ カタログのご請求 お見積もり依頼
ホーム > 店主のひとり言(バックナンバー)
 


八ヶ岳が冠雪しました。いつもよりアップになっていますが、南牧村・獅子岩横の駐車場からの眺めです。主峰赤岳山頂は雲の中となっています。いよいよ冬山となってしまいましたね。もう、我家周辺は初冬といっていいかもしれません。空気がキーンと冷えています。そして薪ストーブに火を入れる時間も早くなってきました。その分、家の中は心地よ〜く温まっていますよ・・・。(10/11/2)

雨上がりの朝の山と水蒸気(雲)と紅葉(黄葉)です。台風の過ぎた翌々日、また夜中に強い雨が降って朝には止みました。これは我家のデッキから見た長峰とミズナラの葉です。葉は黄色から褐色に変わり、パラパラと落ち始めています。見頃は今週いっぱいでしょうか。それにしても同じ高さに雲があるというのも不思議と言えば不思議。その中にすっぽりおさまってしまうのも度々です。いつもは忘れていますが、標高1400mに住んでいることをしっかり自覚できる景色ですね。(10/11/1)

薪の玉切りを始めています。もちろん、来期用の薪です。近くの山荘のオーナー(薪集め隊長)の家の持ち山で、プロの樵によって伐採された樹を作業がしやすいような場所に集め(畑の際)てやっています。今朝の最低気温はマイナス3度になりました。全国的に冷え込み北海道では雪でしたね。あまり寒くならないうちにさっさとやらないと大変。チェーンソウを使う作業は結構汗をかく(腰にもかなり負担がかかる)のですが、薪割り機を使う作業はわりとじっとしているので寒いのですよ。いつも鼻水をたらしながらやっています。ま、これに限らず私の場合、なんか幾つになってもはな垂れ小僧の気分を抜けきれていないようですが・・・。(10/10/27)

八ヶ岳秋景色。いつもの南牧村平沢地区・獅子岩横の駐車場からの眺めです。左手前の小梨の葉も落ち、ススキが秋風に揺れています。今朝の最低気温は0、7度。八ヶ岳高原では、秋が駆け足で通り抜けようとしています。そして冬がその背中をピッタリとマークして追い抜きをしかける場所を窺っているようです。もうじき、最低気温がマイナスになることでしょうね。でも、これからは薪ストーブが大活躍する季節。それはそれでうれしいものです。(10/10/23)

近くの屋根岩で紅葉(黄葉)が始まっています。見頃は今月末くらいでしょうか。この辺りでは全山ほぼ黄色に染まります。誰かがアメリカコロラド州アスペンみたいだ(だいぶスケールが落ちますが)と言ってましたね。ま、それはともかく、犬の散歩をしながら毎日この景色を眺められるのはとってもハッピーなことだと実感しています。(10/10/16)
前ページ 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124  ・・・ 620 件のひとり言があります!


  暮らしの中に森の温もり
カタログのご請求

お見積もり依頼

地図



 
         


↑↑↑PAGE TOP↑↑↑

ホーム店主のひとり言(バックナンバー)ストーブカントリーについて薪ストーブラインナップアクセサリーラインナップ
カタログのご請求お見積もり依頼暮らしの中に森の温もり素朴な疑問 Q&Aお問い合わせについて

(C)2000-2010 Stove Country.All right reserved.