ホーム ストーブカントリーについて 薪ストーブラインナップ アクセサリーラインナップ カタログのご請求 お見積もり依頼
ホーム > 店主のひとり言(バックナンバー)
 


双子山周辺池巡りハイキング① この20日、一般的に北八ヶ岳と呼ばれているエリアにある双子山周辺のハイキングに行ってきました。双子山自体は佐久市の南端にあります。メンバーはいつもの千鳥足隊青年部。今回は11名の参加です。出発地の大河原峠に至る蓼科スカイラインは峠の近くで結構雪が残っており、替えたばかりのスタッドレスタイヤで慎重に走りました。登山道も随所に5mm〜10mm程度の積雪がありましたが歩行にさして影響は無く、標高2223.8mの山頂はご覧の通りの青空で絶好のハイキング日和。さあ、これから小さくて美しい池を巡るハイクが始まります。(10/11/21)

薪ストーブの絵本ができました。米国バーモントキャスティングス社の薪ストーブの輸入元・ファイヤーサイド(株)が発行した「わっ あったかい くまさんのあかいまきストーブ」です。薪ストーブを題材にした絵本はいままでになく、日本初でストーブ業界でも初めての出版とのこと。よこやま まやさんのイラストはとってもほのぼのとしています。これからのクリスマスシーズンにもピッタリ。価格は税込み1575円です。赤い薪ストーブをお持ちの方(私もそうです)もそうでないか方も是非どうぞ。(10/11/19)

八ヶ岳の雪が以前より多くなりました。といっても前回の雪(11/2のひとり言)は溶けてしまい、今日(おそらく明方)降った雪です。季節が進むごとに積もる雪も多くなります。この八ヶ岳は野辺山近辺の国道141号線の脇からの眺めです。いつもの獅子岩横の駐車場より大きく見えます。あちらは目線の位置も高くなり大パノラマとなりますが、こちらは山が近く素直に仰ぎ見るスタンスになりますね。・・・紅葉ももう終わりです。いよいよ冬がどっしりと胡座をかき始めました。(10/11/13)

玉切りの山です。これから割って、積んで干して、約1年かけて「薪」となります。今年は約7割がアカシア、2割が山桜、残りの1割がナラやクルミやカラマツです。昨年は(ということはこの冬焚くものは)9割がカラマツでしたからうれしいかぎり。それはやっぱり広葉樹の堅木の方がいいですもん。アカシアはナラに勝るとも劣らない良い薪になります。さて、これから、鼻水を垂らしながら薪割りに精を出さなくては・・・。(10/11/12)

車窓に貼り付いた霜です。この冬、初めてフロントウィンドウが真っ白になりました。今朝の放射冷却でしっかり冷え込んだためです。仕事に出る前に三角形の霜取りスクレーパーでこそぎ落し、デフロスターを効かせながら走り出したのは言うまでもありません。そのうちに霜ではなく積もった雪をかき落したり、手袋をしてハンドルを握るようになります。最低気温マイナス10度だ15度だという朝はハンドルが氷のように冷たくなり、とても素手では握ってられないのですよ。立派なガレージがあれば霜は付かないでしょうけどハンドルは冷えます。ガレージに暖房を入れればいいんでしょうけど、それは本末転倒。「何を考えているの?」ってことになりますね。(10/11/4)
前ページ 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126  ・・・ 626 件のひとり言があります!


  暮らしの中に森の温もり
カタログのご請求

お見積もり依頼

地図



 
         


↑↑↑PAGE TOP↑↑↑

ホーム店主のひとり言(バックナンバー)ストーブカントリーについて薪ストーブラインナップアクセサリーラインナップ
カタログのご請求お見積もり依頼暮らしの中に森の温もり素朴な疑問 Q&Aお問い合わせについて

(C)2000-2010 Stove Country.All right reserved.