ホーム ストーブカントリーについて 薪ストーブラインナップ アクセサリーラインナップ カタログのご請求 お見積もり依頼
ホーム > 店主のひとり言(バックナンバー)
 


ドライトマトです。我が家の菜園で採れたミニトマトで作りました。焼いてしまうと黄色は分かりますが、オレンジと赤の区別は写真では分かりにくいですね。このドライトマト、おおかたは冬にスパゲッティやピザの具として使われます。薪ストーブで焼くピザって下手なレストランのものよりずーっとおいしいんですよね。ピザ生地も自分で(カミさんが)作ります。ここ川上では、薪ストーブクッキングが楽しめるシーズンがいよいよ近づいてきました・・・。(2011/9/21)

薪ストーブのオーバーホールをしました。年に7ヶ月近く、ハイシーズンには一日24時間焚いて15年経った我が家の薪ストーブです。年一回の煙突掃除とメンテナンス、温度管理をマメに行っていても(薪ストーブ屋だから当然ですね。)これだけ使えばあちこち傷んできます。今回は内部のパーツをかなり交換しました。ここ川上村では今月末の夜9時位になると薪ストーブを焚き始めます。これで準備万端。いつでも寒くなりやがれ、と構えております。でも、本当はもうしばらく(というかず〜っと)暖かくあって欲しいのですけれどね・・・。(2011/9/14)

2011・八ヶ岳秋景色。今日は川上村でも26度と夏日になりました。全国各地で30度を超えているようですね。でも、八ヶ岳高原ではもう秋が始まっています。ススキが風になびき、木々も一部茶褐色(紅葉?)に。とにかく吸い込む空気がもう秋なのです。・・・と言っても残念ながらこればかりは写真ではお伝えできません。というわけで皆さんの分も思いっ切り深呼吸してきました。(2011/9/10)

我が家の南斜面の下を流れる雨水です。普段は涸沢ですが、台風12号の影響による大量の雨で轟々と音を立てて流れています。この15年で5〜6回目くらいでしょうか。やはり台風で大雨が降った時や、大雪の降り積もった年の春の雪解けの時にも流れます。雪解けの流れは陽光にきらめきながらサラサラと流れて気持ち良く感じるのですが、大雨の時は自然の怖さを少なからず感じてしまいますね。今回は一番強烈です。四国・中国地方の状況とは比べようもありませんが・・・。自然は人に恵みを与えながら畏怖の念を抱かせます。全く一筋縄ではいきません。被災された方々には心からお見舞い申し上げます。(2011/9/3)

本日の収穫。左上はモロッコインゲン、右はスナップエンドウ、下はミニ、及びミディトマト(赤、黄、オレンジ、形も色々)です。モロッコインゲンはこれで約3kgあります。すでにこの3倍は採れていますが、さらに今回と同じ量が採れそう・・・。特に肥料を施しているわけではありませんが、毎年豊作で売るほど採れます(まァ、売ってはいませんが)。当然我が家だけで食べきれないので、友人・知人、そしてストーブを見にこられたお客様にもお裾分けをしています。スナップエンドウはさっと茹でて醤油マヨネーズをつければビールのおつまみに最高!・・・う〜ん、日が暮れるまで待ちきれな〜い。(2011/8/27)
前ページ 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126  ・・・ 626 件のひとり言があります!


  暮らしの中に森の温もり
カタログのご請求

お見積もり依頼

地図



 
         


↑↑↑PAGE TOP↑↑↑

ホーム店主のひとり言(バックナンバー)ストーブカントリーについて薪ストーブラインナップアクセサリーラインナップ
カタログのご請求お見積もり依頼暮らしの中に森の温もり素朴な疑問 Q&Aお問い合わせについて

(C)2000-2010 Stove Country.All right reserved.