ホーム ストーブカントリーについて 薪ストーブラインナップ アクセサリーラインナップ カタログのご請求 お見積もり依頼
ホーム > 店主のひとり言(バックナンバー)
 


関東甲信越地方に雪をもたらした今朝、川上村でも20cmの積雪がありました。年が明け、いよいよ本格的な雪のシーズン到来です。もともとカキーンと寒いけど積雪はそんなに多くなかった地域ですが、暖冬傾向が進むとともにドカーンと降るようになってきました。・・・なんだかね。





そして、いつもの雪かきです。が、なんと、昨年末から除雪機が故障修理中で手元にありません。で、黄色い通称「ママさんダンプ」登場です。動力は人力100%。いやあ、おかげさまで身体がガタガタです。クルマで3時間はかかる明日の現場行きは大丈夫だろうか?






さらにもうひとつ気がかりが・・・。3分の2まで進んでいた薪割りした薪の山(右側)とこれから割る玉切りの山(左側)が雪にすっぽり覆われてしまいました。どうしよう?。やっぱ3月まで冬眠しちゃおうかな・・・。
(2017/1/9)

今朝の犬の散歩道の風景です。犬の散歩には暮れも正月もありません。雨も雪も関係ありません。まあ、多少距離が減ったりしますけどね。でも、こんな晴天の日は気温マイナス7度でも気持ちの良いもんです。正面右のゴツゴツは屋根岩、中央より左側の最初のピークは金峰山(標高2,599m)です。こんな山々が季節ごとに毎日表情を変えるのを眺めながらテクテク。・・・さすがに今朝の散歩は全く汗をかきませんでした。(2017/1/6)

あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い致します

八ヶ岳も凛々しく(2017/1/1)

薪割りをやってます。仕事の合間をみながらやっているのですが、残っている雪で環境は最悪です。お日様が差しているうちは良いのですが、日が陰るとすぐに寒くなり午後も3時になったら強制終了となります。まあ、もっと頑張れば良いのですが、店主にはズク(長野弁で根性、マメさの意)がありません。足場も凍って悪くなるし、おじんはさっさと撤退するに限ります。



さて、こちらは寒冷地での薪割りを助ける「ドラえもんの三大道具」ならぬ「ドラえもん体型おじさんの冬の薪割りアイテム」です。左は雪を掃くコシの強いほうき。真ん中は凍って互いにくっついている玉切った丸太を叩いてはがすかけや。右は丸太を動かすとび口ですが、ここでは凍ってくっついてしまった丸太と地面の間に口先を入れ剥がす時に使っています。かけやととび口は江戸時代の火消しの道具でもありますね。延焼を防ぐために家をガンガンぶち壊す・・・一回やってみたいですね。まあ、それはともかく雪が10cmも積もってしまえば薪割りは来年3月まで冬眠となってしまいます。どうなることやら・・・。
(2016/12/19)

今朝6時半の気温です。マイナス10度はすでに2回程ありましたがマイナス11度超えは今季初めて。とは言え、薪ストーブの一夜焚きをやっているので室温はご覧の通り、残っている熾きに薪を足し本格的に焚き始めれば室温はじわっと上がって行きます。これからはマイナス15度が当たり前となり、1〜2回はマイナス20度なんてこともあるでしょう。でもね、薪ストーブがあればNo problem、問題有りません。外ではキーンと刺すように冷えきった空気が広がりますが、家の中はポカポカ。さらに、川上村では雪はほぼ夜に降り、朝になると晴れるので、日中は天窓からの陽光が温室効果を生み出し我が家のヌクヌク度はさらにアップするんです。(2016/12/15)
前ページ 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126  ・・・ 626 件のひとり言があります!


  暮らしの中に森の温もり
カタログのご請求

お見積もり依頼

地図



 
         


↑↑↑PAGE TOP↑↑↑

ホーム店主のひとり言(バックナンバー)ストーブカントリーについて薪ストーブラインナップアクセサリーラインナップ
カタログのご請求お見積もり依頼暮らしの中に森の温もり素朴な疑問 Q&Aお問い合わせについて

(C)2000-2010 Stove Country.All right reserved.