ホーム ストーブカントリーについて 薪ストーブラインナップ アクセサリーラインナップ カタログのご請求 お見積もり依頼
ホーム > 店主のひとり言(バックナンバー)
 


ユキヤナギが本当に雪ヤナギになってしまいました。昨日の湿った雪が樹氷のように枝に取り付いています。ユキヤナギは春になると小さな白い花を雪がかぶったように一斉に咲かせるのですが、真冬に「咲いて」しまいました。「枝が白くなっただけじゃん。」と、醒めた見方をする人もいますが、なんだかねえ・・・。でもね、時々差した薄日と高かった気温のせいで白い「花」は夕方には溶けて、いや、散ってしまったのでした。(2012/2/15)

ギリーケトル(イギリス製)です。森に落ちている小枝や松ぼっくり、枯葉などでアッという間にお湯を湧かすことができます。中央で炎を上げている開口部分が煙突の役割をして熱を効率よく周囲の水槽部分に伝える構造。燃料が足りなかったらその開口部から小枝や松ぼっくりを落とせば良いのです。この時は外気温マイナス3度でしたが右隣に置いてある量の小枝や松ぼっくりで約4分で1リットルのお湯を沸かすことができました。ガスやホワイトガソリンを使わない、森に落ちている自然廃棄物だけでOKなエコ商品で、当店でも扱っています。山歩きにはかさばりますが、キャンプにはピッタリ。1リットルサイズが9,240円(税込み・写真の物)1.5リットルサイズが9,870円(税込み)です。(2012/2/12)

八ヶ岳冬景色③ いつもの獅子岩横駐車場から見た八ヶ岳の南西に沈みゆく夕日です。山の向こう側に日が沈むので山肌が赤くなることはありません。上空に雲があるとそれが赤く染まってきれいなんですけどね・・・。今朝は我が家の温度計が外気温マイナス19.5度を示しました。村の別の地区ではなんとマイナス22.3度だったということです。今日は節分、明日は立春。そろそろ少しでも暖かくなって欲しいですね。(2012/2/3)

東京ベイ・クルージングレストラン、シンフォニークラシカ号です。土曜日に薪ストーブ屋仲間の新年会がこの船の中でありました。夕方4時過ぎから6時過ぎまでの「サンセットクルーズ」でのファミリーパーティです。北は岩手から南は福岡までの仲間と家族が集まっての楽しいひと時でした。親父は薪ストーブ屋、息子は消防士という、火を焚くのと火を消すのがそれぞれの仕事という面白い組み合わせのファミリーも。ということで、久しぶりに見るビルの森=TOKYOでした。(2012/1/29)

「ひまわり食堂」の常連、シジュウカラです。我が家のデッキの手すりにある餌台に山盛りになっているのはヒマワリの種。冬、雪が積もる頃になるとシジュウカラ達が集まってきます。ということは、春から初冬にかけて周辺の森の中では食料に事欠かないんでしょうね。この時期はしょうがないから定食しかない「ひまわり食堂」にでも行くかァ、てなことかな・・・。でもね、そんなお客様でも大歓迎。食べっぷりを見てるだけで癒されるんです。(2012/1/23)
前ページ 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125  ・・・ 625 件のひとり言があります!


  暮らしの中に森の温もり
カタログのご請求

お見積もり依頼

地図



 
         


↑↑↑PAGE TOP↑↑↑

ホーム店主のひとり言(バックナンバー)ストーブカントリーについて薪ストーブラインナップアクセサリーラインナップ
カタログのご請求お見積もり依頼暮らしの中に森の温もり素朴な疑問 Q&Aお問い合わせについて

(C)2000-2010 Stove Country.All right reserved.