ホーム ストーブカントリーについて 薪ストーブラインナップ アクセサリーラインナップ カタログのご請求 お見積もり依頼
ホーム > 店主のひとり言(バックナンバー)
 


春うらら、ではなく、春つららです。10日に積もった雪が3月の強い日差しに溶け、夜から朝の冷え込み(ここ数日最低気温がマイナス10度を超えています。)に凍ってを繰り返してできました。長いのは1m50cm位あります。なんか氷ミルクや氷アズキを連想してしまうのは根が単純だからでしょうか。(何をかくそう、私、アズキミルクが好きなんです。)あ、ウィスキーのオン・ザ・つららロックというのもありですかね。・・・今夜、早速。(2012/3/15)

我家からクルマで北へ45分、小海町の松原湖高原別荘地付近から見た八ヶ岳連峰です。午後4時の太陽は右端の稲子岳の向こうに傾いています。画面のちょうど真ん中が硫黄岳です。山は今日も静かでした。昨日もそうでした。きっと明日も、これからも、下界の様々な喧噪をよそに、静かに佇んでいることでしょう。(2012/3/13)

2012年3月11日、川上村の空は晴れて強い日差しに昨日の雪が溶け始めています。一年前のあの時間は翌日に東京から来る若者たちと奥蓼科にクロカンスキーに行くために玄関前でスキー板にワックスをかけていました。・・・そこに突然の揺れ。駐車場のクルマが倒れるかと思うほどグラグラするのを初めて見ました。それでも揺れが収まった後は予定通りスキーに行けるだろうと単純に思っていたのです。しかし、TVを見ている内にだんだん事態の深刻さが分かり始め、極めつけはあの津波の映像でした。高速道路も通行止めとなり当然予定は中止です。その後数日はTVに釘付けの日々でした。そして一年。使い古された言葉ですが一日も早い復興を強く願います。春の滴が大きな流れになるように・・・。(2012/3/11)

弥生の雪、35cmです。先日の強い雨で雪がほとんど溶けてしまった川上村にまた積もりました。青色申告も終わり、残っていた薪割りを始めたばかりでしたがまたしばらくおあずけです。

東北の雪はどうだろう?
明日、11日は晴れるのだろうか・・・。

(2012/3/10)

建築家Mさんの家の建築模型です。都区内にあるお宅ですが薪ストーブが入っています。家の右端の方から煙突が立ち上がっていますね。実は当店で薪ストーブの設置工事をさせて頂きました。で、何故この模型があるのかというと、西新宿の新宿パークタワービルにある「リビングデザインセンターOZONE」で「建築家5人展21 炎を囲む暮らし」展が開かれていて、Mさんの設計した薪ストーブのある家が写真パネルも含めて展示されているからです。他の4名の建築家の展示も含め、小さなコーナー展示ですがなかなか楽しめます。今日、仕事で東京方面へ行った帰りに寄ってみました。5月までやってますので、新宿に行く機会がありましたら是非どうぞ。(2012/3/8)
前ページ 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125  ・・・ 625 件のひとり言があります!


  暮らしの中に森の温もり
カタログのご請求

お見積もり依頼

地図



 
         


↑↑↑PAGE TOP↑↑↑

ホーム店主のひとり言(バックナンバー)ストーブカントリーについて薪ストーブラインナップアクセサリーラインナップ
カタログのご請求お見積もり依頼暮らしの中に森の温もり素朴な疑問 Q&Aお問い合わせについて

(C)2000-2010 Stove Country.All right reserved.