ホーム ストーブカントリーについて 薪ストーブラインナップ アクセサリーラインナップ カタログのご請求 お見積もり依頼
ホーム > 店主のひとり言(バックナンバー)
 


こちらは南アルプス連峰春景色です。中央やや左は甲斐駒ヶ岳ですね。昨日の八ヶ岳を撮影した場所からそのまま約60度身体を左に振ると眺めることができます。手前は清里アーリーバードゴルフクラブのまだ枯れた状態のグリーン(?)です。東京の上野公園では桜が満開とのこと。こちらでは桜の「さ」の字も見えません。ていうか、梅の「う」の字も見えていないのですが・・・。高原の春は人を焦らすのが好きで、まだまだ腰を上げていないようです。(2013/3/22)

春分の日の翌日の午後3時半、八ヶ岳春景色です。いつもの平沢峠・獅子岩横の駐車場からの眺め(今日は駐車場に他にクルマ1台のみ)。・・・とは言っても冬とどう違うと伝えたらいいんだろうか? う〜ん、日差しと空気感としか言いようがないのが何とももどかしい。でも、土の中では冬から春への「化学変化」が急激に進行しているはずです。・・・春よ、来い!(2013/3/21)

追加の薪作りを始めました。昨年作ったのがなんだか足りないぞ。どう見ても足りないぞ。やっぱ、そうだよな。・・・と、薪ストーブユーザーは薪不足不安スパイラルに簡単に落ち込んでしまう人種です。薪ストーブ屋とて変わりありません。で、2m程に切ってある原木を6トンも買ってしまいました。写真は家の前の森の中に置いた約3トン分。雪解けを待って早速玉切りを開始しました。いくら作っても満足というものを知らないのが、薪ストーブの何ものにも代え難い暖かさ!の虜になってしまった我々なのです。(2013/3/15)

家の前から仰ぎ見る西側の夜空です。あれから2年が経ちましたが星達は何も変わることなく動いています。自らの役割を数千年も数万年も数億年も忘れていないようです。で、私達はどうなんだろう?「喉元過ぎれば熱さを忘れ」たり、「病治りて薬師(医者)忘れ」たり、「暑さ忘れりゃ蔭忘れ」たりしてないだろうか・・・。
人は辛いことを忘れることで生きていけるのかもしれませんが、時には喉元の熱さを思い出すのも必要なことなのだと思います。(2013/3/11 写真はカミさんのカメラで1時間露光したものです)

雪が10cmほど積もりました。でも、本当のところもうそろそろ降らないで欲しい・・・。あ、枕木の外灯や樹木の周囲の雪は以前から積もっているものです。三月に入り、雪かきも大量の汗をかくようになってきました。まあ、腹周りの気になるおじさんとしてはいい運動になるといえばなるんですけどね。なんだかね・・・。(2013/3/5)
前ページ 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125  ・・・ 625 件のひとり言があります!


  暮らしの中に森の温もり
カタログのご請求

お見積もり依頼

地図



 
         


↑↑↑PAGE TOP↑↑↑

ホーム店主のひとり言(バックナンバー)ストーブカントリーについて薪ストーブラインナップアクセサリーラインナップ
カタログのご請求お見積もり依頼暮らしの中に森の温もり素朴な疑問 Q&Aお問い合わせについて

(C)2000-2010 Stove Country.All right reserved.