ホーム ストーブカントリーについて 薪ストーブラインナップ アクセサリーラインナップ カタログのご請求 お見積もり依頼
ホーム > 店主のひとり言(バックナンバー)
 


山菜の季節がやってきました。平地よりはずっと遅いですけどね。ワラビ、コシアブラ、コゴミ、一本だけタラの芽というバラエティ。そういえば明日26日(日)川上村の山菜祭りです。ただ、私は菜園作りを頑張らなくてはならないので祭りはパスします。ま、作業で汗を流した後は、山菜のおひたしや天ぷらでビールという楽しみもあるので・・・。(2013/5/25)

屋根岩から眺める金峰山と廻り目平キャンプ場(下に見える空き地と周辺の森の中)です。屋根岩はキャンプ場から歩いて(登って)30分程の処にあります。一応「屋根岩パノラマ遊歩道」とありますが、後半はルート確認にちょっと迷うし、「登山道」と言ったほうがいいのかも。高所が苦手な人はちょっと尻込みしてしまう絶壁です。この岩棚に到達する最後のアプローチも背中がゾゾーッとして結構怖かった。昔は平気だったんですけどねぇ。う〜ん、これも歳のせい?(2013/5/24)

コバルト色に澄んだ金峰山川の流れです。これはクルマで5分程行った処にある「しゃくなげ遊歩道」からの眺め。金峰山の登山口にある廻り目平キャンプ場と金峰山荘の近くにあります。渓流やしゃくなげの花(これからが見頃)などを楽しみながら30分程歩けばキャンプ場にたどり着きます。もちろん、遊歩道入口近くには駐車場も完備。帰りは車道を下るも良し。私専用(平日だったら独り占め、休日だって人影はほとんど無し)の散歩コースのひとつであります。(2013/5/21)

野生の鹿との遭遇です。ここは小海線野辺山駅近くにある大きな別荘地。人を恐れることもなく鹿たちが集団で歩き回っています。自然がとても濃い別荘地なのですが、敷地内に草花を植えても無駄になってしまうことが多々あるみたい。彼らが全て食べてしまうのです。花壇や菜園等を柵や網で囲ったりしていますが、なかなかうまくいきません。永住している方も別荘として度々訪れている方もその辺が悩みの種だそうです。自然や野生と人の営み、なかなかうまくかみ合ってくれませんね。(2013/5/15)

チューリップが咲いています。原種系の花なので背丈も16〜17cm程しかありません。名前は「バタリニ ブライトゼム」と言います。この品種は「野放し球根、植えたままで増えていき丈夫で手間いらず」とのこと。他の花々や、これから本格化する菜園の野菜たちも勝手においしい実をつけてくれる「手間いらず」だったらいいんですけどね・・・。(2013/5/13)
前ページ 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126  ・・・ 626 件のひとり言があります!


  暮らしの中に森の温もり
カタログのご請求

お見積もり依頼

地図



 
         


↑↑↑PAGE TOP↑↑↑

ホーム店主のひとり言(バックナンバー)ストーブカントリーについて薪ストーブラインナップアクセサリーラインナップ
カタログのご請求お見積もり依頼暮らしの中に森の温もり素朴な疑問 Q&Aお問い合わせについて

(C)2000-2010 Stove Country.All right reserved.