ホーム ストーブカントリーについて 薪ストーブラインナップ アクセサリーラインナップ カタログのご請求 お見積もり依頼
ホーム > 店主のひとり言(バックナンバー)
 


古民家を素敵に住みこなす。ここは長野県伊那市、陶芸家 島るり子さんのお宅です。ご自分であれこれ手を入れた古〜い農家が、積み重ねた時間の流れを断ち切ること無く良い感じに甦っています。今日はカミさんのお供で私め初訪問です。おまけに島さん手作りのおいしい昼食までいただいてしまいました。アトリエも兼ねるこのお宅、奥の座敷は展示スペースとなっていて多くの作品が置かれているのですよ。(2013/7/28)

右側のプラスティック製の箱に入っている桃、34個で1500円です。もちろん、桃の大きさによって個数は変わります。つまり、1箱1500円。購入した人は自前の箱や、200円で売っているダンボール箱(左側のもの)に詰め替えて持ち帰るのです。並んでいる人々は果樹用の段ボール箱を2〜3個は用意していました。近所同士での購入やおみやげ用、または大家族用なんでしょうね。我が家では桃のコンポートやジャムを作ります。もちろんキ〜ンと冷やした桃の「かぶりつき」も・・・。帰りのクルマの中はいい香りに包まれていました。詳しくはhttp://www.jarihoku.or.jp/article_peach.htmlまでどうぞ。(2013/7/23)

ここは山梨県韮崎市。並んでいる人々は何を待っているのでしょうか? え、この場所ですか。周囲を桃の果樹園に囲まれたJA梨北新府共選場です。そうなんです、実は桃の販売を待っているんです。それも色が白かったり、大きさが小さかったり、日焼けしすぎていたりの規格外のアウトレット桃。でも、だからこそ、とても安く購入できるんですよ。朝9時からの販売ですが、8時半からこの行列です。9時前には列はもっと長くなりました。・・・さて、どんな桃が手に入ったんでしょうか?(2013/7/22)

八ヶ岳夏景色。長野県原村のエコーライン沿い、南西方向からの眺めです。雲がなんとなく夏してますね。今日は蓼科高原で煙突掃除とメンテナンスでした。標高1,200mの高原とは言え屋根の上は暑く、汗ポタポタ。タオルをはじまきにして頑張った次第です。その帰り道、ずっと左側に見え隠れする八ヶ岳。汗ぼったい気分も、スッと爽やかになりました。(2013/7/18)

オープンカフェ「ひまわり食堂」です。冬は野鳥の餌場となるデッキが夏の日差しを浴びて、それらしくなってきました。地下50mから汲み上げたおいしい水でコーヒーを入れたり、よく冷えたビールを飲んだり、これからは高原の冷涼な空気もおいしい季節。皆さん、是非遊びに来てください。もちろん、薪ストーブもよろしくです。(2013/7/9)
前ページ 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124  ・・・ 619 件のひとり言があります!


  暮らしの中に森の温もり
カタログのご請求

お見積もり依頼

地図



 
         


↑↑↑PAGE TOP↑↑↑

ホーム店主のひとり言(バックナンバー)ストーブカントリーについて薪ストーブラインナップアクセサリーラインナップ
カタログのご請求お見積もり依頼暮らしの中に森の温もり素朴な疑問 Q&Aお問い合わせについて

(C)2000-2010 Stove Country.All right reserved.