ホーム ストーブカントリーについて 薪ストーブラインナップ アクセサリーラインナップ カタログのご請求 お見積もり依頼
ホーム > 店主のひとり言(バックナンバー)
 


冷えましたねえ。本日朝6時半の温度です。昨日からまるで冷蔵庫の中に居るよう。一昨日までの数日は最低気温が零度以上の、これまた季節外れの陽気だったんですけどね。もっともっと寒くなった所もあるのでしょうが、立春を過ぎたとはとても思えません。昨日は新築中の屋根の雪かきをしてから煙突工事をした薪ストーブ屋です。本当はもっとあったかい時に屋根の上でバイオリンでも弾いていたいんですけどね。(弾けないですけど。まあ、お茶はちょくちょく碾いてますが・・・。)(2014/2/6)

薪を運ぶクローラー運搬車です。我が家は南向きの傾斜地に建っており、薪小屋をすぐ側に作れませんでした。一見平らに見える部分も全て緩やかな傾斜になっています。そこで薪小屋から南側の軒下(傾斜地の為、基礎が高く立ち上がっている)に順次運んで積み上げている次第です。以前は一輪車で(当然人力)運んでいたのですが、(寄る年波に勝てず?)8年程前にこの運搬車に替えました。一輪車の3倍近くの薪を運べますし、手動ダンプで荷台の後が上がり、薪をガラガラ落とせて便利。雪やぬかるみにも強いクローラーです。また、左右と前のアオリを外せば重〜い大きな薪ストーブも運べます。実際、駐車場と建物が離れ、細いくねった砂利道のアプローチの別荘でも活躍しました。もともと農作業用ですが、薪ストーブヘビーユーザー(もしくは薪ストーブ屋の)強い味方です。(2014/1/23)

川上村方面の山々の山頂付近を水平に切り取るように薄い雲の緞帳が下りています。しかし、山肌には日差しが・・・。南牧村海ノ口(野辺山)の大きな別荘地から帰る途中です。思いのほか手こずったストーブ修理を終えてのこと。どよ〜んとした冬寒な空なのに陽光がある。高原というか、寒いお山に住んでいると時々不思議な景色に出会います。(2014/1/21)

遠くに南アルプス連峰です。いつも八ヶ岳を定点観測する獅子岩横の駐車場からの眺め。前回から連続の山景色ですね。一昨日夜から昨日朝にかけて雪が30cm近く積もりました。昨年10月14日付の「ひとり言」でも同じようなポジションからの景色をアップしていますが、今回は全体を雪が覆っています。今日は日中も氷点下の真冬日でした。駐車場にはクルマも無く、誰もいません。またしても独り占めの冬景色。さて、次は何処で・・・。(2014/1/10)

八ヶ岳冬景色。清里高原大橋際の駐車場からの眺めです。午後3時半、陽光がオレンジ色っぽくなっています。右側の主峰・赤岳山頂は雲の中ですね。さて、森の小さな薪ストーブ屋も今日から仕事始めです。今年もよろしくお願い致します。(2014/1/6)
前ページ 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126  ・・・ 626 件のひとり言があります!


  暮らしの中に森の温もり
カタログのご請求

お見積もり依頼

地図



 
         


↑↑↑PAGE TOP↑↑↑

ホーム店主のひとり言(バックナンバー)ストーブカントリーについて薪ストーブラインナップアクセサリーラインナップ
カタログのご請求お見積もり依頼暮らしの中に森の温もり素朴な疑問 Q&Aお問い合わせについて

(C)2000-2010 Stove Country.All right reserved.