ホーム ストーブカントリーについて 薪ストーブラインナップ アクセサリーラインナップ カタログのご請求 お見積もり依頼
ホーム > 店主のひとり言(バックナンバー)
 


薪ストーブ屋の帰省レポートその18 秋田内陸縦貫鉄道 秋田内陸線・阿仁前田駅です。この鉄道は第三セクターの運営ですが愛称は「あきた♥︎美人ライン」!であります。奥羽本線・鷹ノ巣駅から田沢湖線・角館駅を結んでいる超ローカル線で旅番組でもちょくちょく取り上げられていますね。この鉄道のフェイスブックを眺めるのも楽しいかも。https://www.facebook.com/akitanairiku
・・・あ、さて、クルマなのになんで駅に来たの?(2014/8/25の1)

薪ストーブ屋の帰省レポートその18 リンドウのつぼみです。がっかりする薪ストーブ屋のために、優しい山がこれから咲く花を用意していてくれました。森吉山は登山客にも易しい山です。昨日のひとり言にあったゴンドラ、阿仁スキー場にある阿仁ゴンドラを利用すれば往復2時間ちょっとのハイキングコースとも言えます(クマに注意ですが)。秋は紅葉、冬はゴンドラ頂上駅周辺で樹氷観察も楽しめるみたいですよ。そうそう、阿仁といえばマタギです。この辺りは大昔からクマや動物の狩猟を生業にする人々が住む地域でした。この時期の山はやさしいかもしれませんが、普段の自然はとっても厳しいと思います。(2014/8/24の3)

薪ストーブ屋の帰省レポートその17 それでも気を取り直して山頂へ。森吉山・標高1,454mです。そんなに高くは無いのですが、周囲360度を見渡せる眺望の良い山頂です。ただ、この時は遠くに雲が多く浮かび、クリアではありませんでした。でも、この標高って長野の我が家の標高と厳密には4mしか違いません。我が家から森を少し下るとレタス畑が広がり農家の集落もあります。長野のような山国と様相がなんとも違うのが面白いですね。この山頂に我が家が建っていると想像するだけで愉快愉快。(2014/8/24の2)

薪ストーブ屋の帰省レポートその16 ガーン! お花畑に花がない!あるのは進入禁止の看板とロープばかり・・・。遅すぎた、甘かった。山道沿いに枯れかけた花はポツポツあったのですが、やっぱりね。
それでもここの可憐な花々をご覧になりたい方は
あきた森づくり活動サポートセンター 総合情報サイトの森吉山のページ
http://www.forest-akita.jp/data/moriyoshi/moriyoshisan.html
をどうぞ。途中、湿地帯などもあり、まさに百花繚乱。う〜ん、くやしい。(2014/8/24の1)

薪ストーブ屋の帰省レポートその15 はい、見えてきましたこの山、森吉山です。秋田県北秋田市にあり、ちょうど秋田県中部の北寄りに位置します。ご覧のように周囲360度が見渡せそうな山頂部。花の百名山でもあります。6〜7月は可憐な高山植物が咲き誇るようで、8月でもまだまだ花の写真が撮れるだろうと登った次第です。が、しかし・・・。(2014/8/23の3)
前ページ 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126  ・・・ 626 件のひとり言があります!


  暮らしの中に森の温もり
カタログのご請求

お見積もり依頼

地図



 
         


↑↑↑PAGE TOP↑↑↑

ホーム店主のひとり言(バックナンバー)ストーブカントリーについて薪ストーブラインナップアクセサリーラインナップ
カタログのご請求お見積もり依頼暮らしの中に森の温もり素朴な疑問 Q&Aお問い合わせについて

(C)2000-2010 Stove Country.All right reserved.