ホーム ストーブカントリーについて 薪ストーブラインナップ アクセサリーラインナップ カタログのご請求 お見積もり依頼
ホーム > 店主のひとり言(バックナンバー)
 


ひまわり食堂、やってます。11月末からオープンしてましたがお知らせが遅くなってしまいました。写真は二羽ともコガラです。この他、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ヤマガラの常連がひっきりなしにやってきます。冷たい北風もなんのその・・・。当店のひまわりの種がそんなにおいしいのでしょうか? 店主冥利につきます。そんなワケで、この時期薪ストーブ屋はついでです。・・・いやいや、そんなことはありません。年末にかけて大雪だ、いや雨だ、などと予報を睨みながらドタバタしております。(2014/12/13)

奥蓼科明治温泉旅館END 夕食メニューです。この他に天ぷらと茶碗蒸し、煮物が配膳されました。さらにデザートも。風呂上がりのビールは部屋で済ませたので早速熱燗での宴会開始。昔話はもちろん(最近はこればっかり?)アフィリエイトの話(もっと歳を取ったらブログで稼ごうなどと、まあ、実現がかなり難しい話)で盛り上がり夜は更けて行ったのでした・・・。そうそう、部屋や館内は結構寒いですので知っておいてください。では!(2014/12/9の2)

奥蓼科明治温泉旅館その3 さて、泊まった客室から見た夕日です。左右からの樹木がぐいと迫った渓谷の向こう側(茅野市街方面)に沈んで行きます。ちなみにこの二階201号室は角部屋で「夕映」という客室名です。部屋の下辺りが浴室かと思います。夏だったら窓を開け放して撮ったでしょうけど今回はサッと開けてパッと撮りました。そう言えばもうすぐ夕食ですね。(2014/12/9の1)

奥蓼科明治温泉旅館その2 渓谷を望む内風呂からは雪を被った木々が見えます。右側ガラス窓の向こう側は本来屋根付きの半露天風呂ですが、残念ながら冬季のため右奥側は木製に雨戸のような仕切りが施され、その左手はガラス窓がはめ込まれていました。すぐ側を流れるおしどり隠しの滝と渓流を眺めたいのですが残念。実際、窓を開けると雪山の冷気がどっと入り込んできます。思わずブルッ。温めの湯に肩までゆっくり浸かりました。内湯はやや熱めです。(2014/12/8の2)

奥蓼科明治温泉旅館その1 サラリーマン時代の仲間と八ヶ岳の懐・長野県茅野市の奥蓼科温泉郷にある明治温泉に行ってきました。小さな旅のコンセプトは山の側の(山の見える)鄙びた温泉で登山気分に浸ること。まあ、実際には登らないワケです。雪の中の旅館はご覧のように質素なもの。どちらかというと山小屋のようなスパルタンな雰囲気です。さて、温泉は?(2014/12/8の1)
前ページ 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124  ・・・ 619 件のひとり言があります!


  暮らしの中に森の温もり
カタログのご請求

お見積もり依頼

地図



 
         


↑↑↑PAGE TOP↑↑↑

ホーム店主のひとり言(バックナンバー)ストーブカントリーについて薪ストーブラインナップアクセサリーラインナップ
カタログのご請求お見積もり依頼暮らしの中に森の温もり素朴な疑問 Q&Aお問い合わせについて

(C)2000-2010 Stove Country.All right reserved.