ホーム ストーブカントリーについて 薪ストーブラインナップ アクセサリーラインナップ カタログのご請求 お見積もり依頼
ホーム > 店主のひとり言(バックナンバー)
 


さて、今日は木の温もりを伝えてくれる煙突のついたかわいい木製オブジェのお話し。品名は山形市の家具工房モク製作の「やまがた木の家 」。一個1,620 円(税込)で、サイズは幅9〜7.5×奥行4×高さ5cm位。山形県産の端材を活用して製作され、取り外し可能な煙突の丸棒にアロマオイルやエッセンシャルオイルを染み込ませれば、アロマディフューザーとしても使えるそうです。
詳しくは
http://ringbell.colocal.jp/products/detail.php?product_id=9024
を覗いてみてください。
薪ストーブ屋はこのサイトでつい引っかかってしまいました。なんであれ煙突を見るとそそられてしまう職業的本能のせいですかね・・・。
(2015/3/14)

近くの屋根岩です。昨日からの強風と湿った雪(量は2~3cmでたいしたことありません)で溶けかかっていた岩肌も畑もまた白っぽくなってしまいました。東北はもっと凄い風雪のようですね。
・・・あれから4年が経ちました。復興はどうなっているんだろう?進んでいるのか、停滞しているのか?いずれにしても遠く離れた私達の出来ることは限られています。「忘れない」で「できることをする」を極々小さくやっている薪ストーブ屋です。(2015/3/11)

言わずと知れた富士山です。山梨県甲斐市からの眺め。う〜ん、月並みな形容は止めた方がいいか・・・。さて、今日の雛祭りと富士山。何か関係は・・・ありませんよねェ。(2015/3/3)

路面がバリバリです。本日夕方の我が家への登り道。夕日が反射していますね。黒ずんで見えるのは薪ストーブの灰を撒いているため。砂よりも滑り止めに有効です。全面に撒いているワケではないので(あくまでもクルマの轍が中心。灰の量にも限りがあります。)犬の散歩の時は踏み出した足の置き場に注意しながら歩いています。気を抜くとツルッと滑ることに。しかし、スタッドレスタイヤを履いた四駆のクルマはスルスルと走ります。もちろんゆっくりとですが。理屈としては当然のことなのでしょうが、なんだか不思議です。(2015/2/21)

愛猫「くろみ」です(メス、9ヶ月)。なんだか凛々しく撮れたのでアップしてしまいました。薪ストーブ屋のブログなのにねえ、親バカですみません。「くろみ」はもちろん薪ストーブが大好きです。薪ストーブの真ん前で香箱座り(ネコが背を丸めてつくばっている様子が、香箱(香木・薫香料を収納する蓋付きの箱)の形を連想させるため名付けられた)しています。・・・いやあ、癒されますねえ。(2015/2/16)
前ページ 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124  ・・・ 620 件のひとり言があります!


  暮らしの中に森の温もり
カタログのご請求

お見積もり依頼

地図



 
         


↑↑↑PAGE TOP↑↑↑

ホーム店主のひとり言(バックナンバー)ストーブカントリーについて薪ストーブラインナップアクセサリーラインナップ
カタログのご請求お見積もり依頼暮らしの中に森の温もり素朴な疑問 Q&Aお問い合わせについて

(C)2000-2010 Stove Country.All right reserved.