ホーム ストーブカントリーについて 薪ストーブラインナップ アクセサリーラインナップ カタログのご請求 お見積もり依頼
ホーム > 店主のひとり言(バックナンバー)
 


5月の連休明けなのに薪ストーブを焚いています。雲り空の今日、ここ川端下地区では温度が上がらず最高気温15.4度でした。おまけに夕方には雨もパラつく始末。おかげさまで(?)午後8時現在外気温7.4度です。初夏だと言われるこの時期に焚くのかと言われてもねえ。やっぱり薪ストーブは温たい(ぬくたい)なあ。アァ、気持ちいいなあ。きっと6月の梅雨寒の時にも焚くだろうなあ・・・。(2015/5/7)

川上名物「梅と桜の同時咲き」でございます。左手前の我が家の庭の梅と隣地の林の桜のコラボ。2日程前からしっかりと見られるようになりました。梅と桜が華やかに共演するのは札幌市の「北海道神宮梅林」があるようです。長野の高冷地と札幌。気温とかの条件が同じなのでしょうね。あちらの方は管理も行き届いているようで、Travel.jp「たびねす」のサイトhttp://guide.travel.co.jp/article/8715/でもキレイに見ることができます。が、こっちはほったらかしです。栄養不足でやや貧弱なのが残念。て言うか、しっかり手入れしろよ。ということですよね・・・。(2015/4/29)

角煙突と八ヶ岳連峰です。南牧村野辺山にある別荘の屋根の上からの眺め。今日は連休前の煙突掃除とメンテナンスでした。標高が高いので向こうに見える白樺は芽生えているのですが葉は開いていません。それでも作業中は汗ばむ陽気でした。(2015/4/28)

そしてカラ松も芽生えました。周囲のカラ松林は遠くから見ると萌黄色(芽吹いたばかりの草木の色。黄緑と言っていいんでしょうかね)の産毛にぽやぽやと覆われたようになっています。そうそう、同じ読みで萌葱色と書くこともありますが、これはネギの芽の色だそうです。これで連休の頃に桜と梅が同時に咲けば川上村にも本格的な春が来たと言えるでしょうね。(2015/4/23 その3)

プルモナリアも咲きました。半日陰を好む耐寒性の多年草です。花言葉は「気品」。そもそも春は気高くやってくるのです。・・・と、思います。 (2015/4/23 その2)
前ページ 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124  ・・・ 619 件のひとり言があります!


  暮らしの中に森の温もり
カタログのご請求

お見積もり依頼

地図



 
         


↑↑↑PAGE TOP↑↑↑

ホーム店主のひとり言(バックナンバー)ストーブカントリーについて薪ストーブラインナップアクセサリーラインナップ
カタログのご請求お見積もり依頼暮らしの中に森の温もり素朴な疑問 Q&Aお問い合わせについて

(C)2000-2010 Stove Country.All right reserved.