ホーム ストーブカントリーについて 薪ストーブラインナップ アクセサリーラインナップ カタログのご請求 お見積もり依頼
ホーム > 店主のひとり言(バックナンバー)
 


薪割りが進み、空いていた薪小屋や薪棚が埋まり始めました。しかし、今週は天気がパッとしないのでブレーキがかかりそうだなァ。屋外作業は天候次第。仕事だと無理してでもやるんだけど、家のことだとねえ。つい日和ってしまいます。・・・実は割るべき原木の玉切りまだ半分ほど残っているんですよね。年内には何とかなるだろうか・・・。う〜ん、どだべ? どうでっしゃろ?(2015/12/23)

ついにマイナス10度を超えました。今朝6時半頃の気温です。ここ数日は例年に無い暖かさでマイナスになることが少なかったのですが、いきなりきましたねえ。雪も5mm程積もりましたが、昼前にはほとんど溶けてしまいました。川上村周辺は暖冬になれば雪が多く、いつも通りだとキンキンに寒くなる。暖かくて雪が少ない冬は無いのだろうか? ・・・無いだろうなァ。(2015/12/18)

薪割り、やってます。10、11月は仕事でバタバタしていましたが、12月も半ば近くになってやっと落ち着き、気になっていた薪割りを始めることができました。しかも、例年にない暖かさで助かっています。今年はナラが3割程度、後は白樺、山桜、アカシア等の雑木でマアマアの原木が手に入りました。カラマツはちょっとしかありません。なんとか年内に割ってしまいたいもんですねえ。いつもは雪が降ってしまい、翌年の3月後半まで延期を余儀なくされてしまうものですから・・・。(2015/12/15)

霧氷です。我が家の東側の森の樹木が右側からの朝日を浴び白く輝いています。黄葉の後の「白葉」と言ってもいいのかも? 今朝の最低気温はマイナス6.7度でした。放射冷却のせいで長野県内では白馬村や軽井沢でも霧氷が見られたようです。平年に比べて暖かいということですが、薪ストーブの一夜焚きはもうすでに始まっています。
ところでナラの薪はやっぱりいいですねえ。朝起きても真っ赤な熾きが沢山残っていて、薪を足すとすぐに燃え上がります。とは言え、薪の「高級品」はなかなか手に入らないのが薪ストーブの好立地県(?)・長野の宿命。頑張らねば・・・。
(2015/12/7)

ヘビーシェイクの屋根に突き出した煙突の雨仕舞い作業に行ってきました。ウェスタンレッドシダーの屋根材は耐久性が高く、当然自然素材ですから見た目もとっても良い感じです。しかもこの家の外壁は南フランスの田舎家のような石積み。画一的な現代の家造りの基準からみるととっても贅沢な造りですよね。本来は贅沢でもなんでもないはずですが・・・。いずれにしても完成が楽しみですね。


さて、その帰りにちょっと寄り道して見た八ヶ岳です(いつもの平沢峠の駐車場から)。25日の夜から降った雪は山腹を一気に白くしました。我が家周辺の雪は溶けてしまいましたが、山はこれから一層白くなっていくことでしょう。夕方3時半頃ですが日差しがなんとなく黄色味を増しています。日の入りがどんどん早くなり、冬が着実に歩みを進めているようです。(2015/11/28)
前ページ 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126  ・・・ 626 件のひとり言があります!


  暮らしの中に森の温もり
カタログのご請求

お見積もり依頼

地図



 
         


↑↑↑PAGE TOP↑↑↑

ホーム店主のひとり言(バックナンバー)ストーブカントリーについて薪ストーブラインナップアクセサリーラインナップ
カタログのご請求お見積もり依頼暮らしの中に森の温もり素朴な疑問 Q&Aお問い合わせについて

(C)2000-2010 Stove Country.All right reserved.